7件が見つかりました。

並び替え
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集「1F事故 10周年に当たって」(5)保全社会学から見た福島事故
著者:
服部 成雄, Shigeo HATTORI
発刊日:
公開日:
1F 周辺の地域社会のまだ癒えない被災の痕と復興への動きを見た。また各種調査による事故前後での地元住民、国民全般の意識変化を確認した。原発への賛否対立を解消するには真のリスコミが必要と考える。...
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集「1F事故 10周年に当たって」まとめ(原子力安全と保全の将来に向けて)
著者:
青木 孝行, Takayuki AOKI
発刊日:
公開日:
原子力発電所を始めとする原子炉施設、すなわち機械系は生きている。時間とともに絶えず変化している。この機械系の変化に対応する人間系も生きている。そして絶えず変化している。これら 2つの系の間で展開される保安活動 PDCAも時間とともに絶えず変化している。これらによって決定されるプラントの安全レベル(安全水準)は絶えず変化し続け、常に全体系を視野に入れた「安全」への取組みを行っていく必要がある。...
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集記事「1F事故 10周年に当たって」(1) 福島事故の教訓と安全性向上の取り組み
著者:
川村 愼一, Shinichi KAWAMURA
発刊日:
公開日:
東京電力福島第一事故の教訓、国内外の最新知見、新規制基準を踏まえて、原子力発電所では安全機能強化、技術的能力向上、安全第一の組織運営改善が取り組まれてきた。安全性を向上するそれらの実施内容を紹介する。...
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集記事「1F事故 10周年に当たって」(2) 福島事故の要因と新規制基準
発刊日:
公開日:
新規制基準では、福島第一原子力発電所事故の教訓を踏まえ、自然災害や過酷事故対策などの規制が大幅に強化された。過酷事故に対する備えを事業者の自主的な対策から、深層防護の観点で規制対象に加えたことが大きな特徴である。...
英字タイトル:
奈良林直, Tadashi Narabayashi 
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集記事「1F事故 10周年に当たって」(3)新検査制度から始まる原子力安全の変革
著者:
爾見 豊, Yutaka SHIKAMI 
発刊日:
公開日:
原子力発電所の安全確保では、基準の遵守に加え、達成すべき安全が何かを認識することが重要である。新検査制度の運用開始による変化を例として、安全を意識した活動を行う方法やその効果の大きさについて解説する。...
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集記事「1F事故 10周年に当たって」(4) 保全から原子力安全を考える
著者:
青木 孝行, Takayuki AOKI
発刊日:
公開日:
1F事故以前のように「原子力安全は安全の専門家に任せておけばよい。」といった他人事では許されない時代が来た。今後は全ての原子力関係者が原子力安全を理解しそれを常識化する必要がある。本稿ではそのための方策を提案する。...
会員のみダウンロード可能

特集記事
特集記事「1F事故 10周年に当たって」特集にあたって
著者:
宮野 廣, Hiroshi MIYANO 
発刊日:
公開日:
東京電力福島第一原子力発電所の事故(以下、1 F事故)から 10年経った。1F事故後 10年を経て、多くの設備改造に取り組み安全の向上に取り組んできた保全業務のリーダ達が、これまでの成果を踏まえて、「わが国の原子力発電所の安全は、どれくらい大きく向上したか」、また、そこに「保全はどのように貢献したか」の観点で、特集を組み総括を行うこととした。...