論文
原子力発電所の安全規制と設備利用率に関する2つの事例研究
著者:
菅谷 淳子,Junko SUGAYA,伊藤 邦雄,Kunio ITOH
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
This study focuses on the nuclear power plant capacity factor and safety regulation in two cases; first, long-term trend of capacity factor and evolution of safety regulation in the U. S as well as comparison with Japanese regulation, second, short-term fluctuation of capacity factor and the regulatory actions in late 1990’s in the U. S., to find regulatory impact on capacity factor. Some factors requisite for effective regulation are identified from these case studies....
英字タイトル:
Case Study of Regulatory Impact on Nuclear Power Plant Capacity Factor
解説記事
欧州原子力発電所のストレステストの結果
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
1.欧州ストレステストの実施欧州理事会(年4回開催されるEU(欧州連合)の首脳会議)は2011 年3 月の福島事故後、以下の決定を行った。・ EU における全原子力発電所の安全性を、包括的で透明性のあるリスク及び安全評価(ストレステスト)としてレビューすること。・ 欧州原子力安全規制者グループ(ENSREG)及び欧州委員会(EC)は、ストレステストの範囲や様式を作成すること。・ 独立した国別の規制機関及びピアレビューにより評価を行うこと。・ 結果や講じるべき対策についてEC 及びENSREG 内で共有......
解説記事
米国における保守管理と規制検査の関係について
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
米国における保守管理と規制検査の関係について 伊藤 邦雄,Kunio ITO 米国における保守管理と規制検査の関係について日本エヌ・ユー・エス株式会社 エネルギー技術ユニット 伊藤 邦雄Kunio ITO, Energy Technology Unit, Japan NUS CO., LTD.Keywords: Reactor Oversight Process, Performance Indicator, Performance Based Inspection 我が国の原子力発電所に対する規制......
解説記事
米国における原子力規制と保全-(1)原子力規制体系と保守関連の規制-
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
米国における原子力規制と保全-(1)原子力規制体系と保守関連の規制- 伊藤 邦雄,Kunio ITO......
解説記事
米国における原子力規制と保全-(2)保守規則とその対応内容-
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
米国における原子力規制と保全-(2)保守規則とその対応内容- 伊藤 邦雄,Kunio ITO......
解説記事
米国における原子力規制と保全-(3)運転中プラントに関わる各種規制要件-
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
米国における原子力規制と保全-(3)運転中プラントに関わる各種規制要件- 伊藤 邦雄,Kunio ITO......
解説記事
米国における原子力規制と保全-(4)保守プログラムの最適化-
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
米国における原子力規制と保全-(4)保守プログラムの最適化- 伊藤 邦雄,Kunio ITO......
解説記事
米国原子力発電所の大規模損傷事故時の緩和方策(B.5.b項)
著者:
伊藤 邦雄,Kunio ITO
発刊日:
公開日:
c 1.はじめに今回、福島で経験したようなシビアアクシデント時の影響緩和方策の重要性が認識されている。ここでは、米国で9.11テロ以降取られてきた、いわゆる「B.5.b」と呼ばれる緩和方策(Mitigating Strategies)について解説する。2.B.5.b要件の発行2001年9月11日の同時多発テロを受けて、米国NRC(原子力規制委員会)は直ちに、大型の商用航空機による故意の原子力施設への攻撃の可能性とその際の物理的衝撃、環境への放射性物質の放出の可能性を、最新の構造解析と火災解析の技術を用......