会員のみダウンロード可能

論文
ウォータジェットピーニング施工材の実機環境下における残留応力緩和挙動 ― Ni 基合金に対する応力改善効果の長期安定性評価(第 1 報)―
著者:
于 麗娜,Lina YU,才田 一幸,Kazuyoshi SAIDA,西本 和俊,Kazutoshi NISHIMOTO,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
In order to prevent primary water stress corrosion cracking (PWSCC), water jet peening (WJP) has been used on the welds of Ni-based alloys in pressurized water reactors (PWRs). However, the compressive residual stresses induced by WJP might be relaxed during the actual operation because of the elevated temperature environment. Therefore, the stability of the compressive residual stresses caused by WJP has been investigated during thermal aging. The result shows that the compressive residual stresses has...
英字タイトル:
Relaxation behavior of residual stress generated by water jet peening under operation temperature environment ― Evaluation for long term stability of residual stress improving treatment on Ni base alloy (report 1) ―
論文
プラントシステムの保全計画策定に向けた包括的方法論と原子力プラントにおける検証
著者:
千種 直樹,Naoki CHIGUSA,土肥 伸樹,Nobuki DOHI
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
When developing a maintenance program to be able to provide optimal maintenance activities for a whole plant system, positive adhesion to a maintenance system in compliance with each piece of equipment, facility and degradation mode is not sufficient; it is necessary to reflect considerations about the importance of facilities and matching between failure mode and maintenance system, arrangement for renewal of system components, as well as various requirements for the plant including the design basis. Thi...
英字タイトル:
Comprehensive methodology for developing a maintenance program for plant system, and verification on nuclear plant
論文
リスク情報を活用した保全計画信頼性評価手法の検討
著者:
千種 直樹,Naoki CHIGUSA,成宮 祥介,Yoshiyuki NARUMIYA,関村 直人,Naoto SEKIMURA,藤田 智,Satoshi FUJITA,倉本 孝弘,Takahiro KURAMOTO
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
Abstract: This paper discusses a development of the quantitative method to evaluate the reliability for the maintenance plan with respect to the risk impact both for Core Damage Frequency and Plant Trip Frequency. The quantitative approach includes the considerations for the effect of the Condition Based Maintenance (CBM) changing in addition to the Time Based Maintenance (TBM), and the reliability for the maintenance plan is evaluated using the actual plant-specific maintenance information collected ...
英字タイトル:
A Study on the Reliability Evaluation Method for Maintenance Planning Using Risk Information
解説記事
保全の体系化について(第1回)―原子力発電所の保全活動の現状―
著者:
設楽 親,Chikashi SHITARA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA,岩見 裕,Hiroshi IWAMI
発刊日:
公開日:
保全の体系化について(第1回)―原子力発電所の保全活動の現状― 設楽 親,Chikashi SHITARA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA,岩見 裕,Hiroshi IWAMI......
論文
保全学の構築に向けて (1)
著者:
宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに:普遍性と階層構造原子力発電設備でとられている保全の基本原理の中に「階層性」と「階層原理」を導入できないかという命題は検討に値する。階層原理とは、例えば原子力プラントが電力を生産するまでにたどるプロセスは、設計と建設と運転管理、の三つの部分からなり、それらが階層的な役割を果たしながら全体として電力の安定供給という機能を果たしている仕組みを言う。階層性が存在し階層原理が正常に機能すれば、設計、建設、運転管理の三つの行為が適切に機能し、その結果電力は正常に国民に供給される、という目標が達成される。......
論文
保全学の構築に向けて(2)- 保全理論について-
著者:
高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに原子力発電に関わらず、プラントの保全は設計・運転・管理に携わるエキスパートによってその内容が立案され実施されている。計画立案の際に最も有効な情報は実はエキスパートの業務経験に基づく知識であり、過去のトラブル等の運転実績である。特に原子力の場合、他の産業に比べて日が浅いことから、現場の人たちの試行錯誤によって保全計画の改善がなされてきた側面が強い。しかしながら、運転経験の蓄積にともない従来の経験に基づく保全から理論に基づいた保全へと移行する機運が高まってきた。保全の体系化とはこの一連の流れにおい......
論文
保全学の構築に向けて(3)- 実務からみた保全学のテーマ -
著者:
千種 直樹,Naoki CHIGUSA,宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE
発刊日:
公開日:
1.はじめにプラントシステムの保全計画は、体系化された学問に基づき立案・実施されるというよりも、現場で実務に携わる専門家の経験に基づき、多くの試行錯誤を経て段階的にその精度を高めていくという手法が、これまで一般的にとられてきている。これは、原子力発電プラントの保全計画についても同様であり、プラントの安全性・信頼性確保を目標に、運転経験と技術知見の蓄積を可能な限り保全計画に反映してきた結果として現在の完成度の高い保全計画が構築されているものの、まだまだ定量的な要素も少なく、そのため論理的な要素の導入にも限界......
論文
保全学の構築に向けて(4)-「保全工学」構築のアプローチ-
著者:
青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに保全は、機械、電気、制御などの機器から成る、いわゆる「機械系」とそれを保全する「人間系」から構成されている。これまでの保全はこの2つの要素が渾然一体となって取り扱われ、両者を明確に分離して分析評価する手法が十分には取られて来なかった。これには社会的状況や規制などの影響もあったと考えられるが、いずれにしても保全の体系化や保全学の構築など、学術的アプローチを積極的に進めようとする気運が希薄であった。しかしながら、近年、保全を学術として捉え、それを体系化することによって、合理的効率的に保全の最適解が......
論文
原子力発電所における新保全技術としてのテンパービード工法の開発・適用
著者:
平野 伸朗,Shinro HIRANO,瀬良 健彦,Takehiko SERA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA,沖村 浩司,Koji OKIMURA,西本 和俊,Kazutoshi NISHIMOTO
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
Japanese government has recently addressed a policy to increase capacity factor of existing nuclear PPs to achieve the goal to decrease the emission of CO2. Numerous preventive measures have taken in nuclear power plants to minimize the risk of unexpected long shutdown. Newly developed mitigation measures or repair methods need to be qualified to satisfy regulatory standards, before it is implemented to nuclear power plants. The qualification process needs to comply regulatory standards though it may consum...
英字タイトル:
R/D and implement of temper bead welding as newly developed maintenance technique in nuclear power plant
論文
原子力発電所における新溶接補修技術の 迅速な適用プロセスの検討
著者:
平野 伸朗,Shinro HIRANO,瀬良 健彦,Takehiko SERA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA,于 麗娜,Lina YU,望月 正人,Masahito MOCHIZUKI,西本 和俊,Kazutoshi NISHIMOTO
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
Abstract For the last couple of years, issue of defects in Alloy 600 weld lowered the capacity factor of nuclear power plants. To apply newly developed repair technique, like temper-bead welding that has not been prescribed in technical standards, it is necessary to evaluate its technical applicability to the requirement. In the previous cases, this process has been completed by issuance of no action letter for specific area and condition, utilizing implementation process, such as confirm testing by J...
英字タイトル:
Study on implementing newly developed repair welding technique within a limited time frame for nuclear power plant