論文
プラント機器の取替・点検周期の最適化
著者:
高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,笠井 雅夫,Masao KASAI
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
Rationalization of the plant maintenance is one of the main topics being investigated in Japanese nuclear power industries. Optimization of the inspection and replacement period of equipments is effective for the maintenance cost reduction. The more realistic model of the replacement policy is proposed in this study. It is based on the classical replacement policy model and its cost is estimated. Then, to consider the inspection for the maintenance, the formulation that includes the risk concept is d...
英字タイトル:
Optimization on Replacement and Inspection Period of Plant Equipment
論文
ポンプ軸受の欠陥の大きさと電磁診断技術の信号との相関関係
著者:
萱田 良,Ryo KAYATA,三好 剛正,Takemasa MIYOSHI,藤原 英起,Hideki FUJIWARA,ペラン ステファン,Perrin Stephane,角皆 学,Manabu TSUNOKAI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
A new electromagnetic method for the nondestructive evaluation of electric pumps with ball bearings is proposed. A permanent magnet generates a static magnetic field and a coil of several hundred turns wrapped around it is used to pick up eddy currents induced inside rotating ball bearings and impellers. First, a method that makes use of the autocorrelation is applied to the signals of the ball bearings. A relation between the processed signals and the size of the defects in the bearings is obtained....
英字タイトル:
Electromagnetic Nondestructive Detection for Wounded Bearings and Correlation of Size of Defect and Signal
論文
保全学の構築に向けて (1)
著者:
宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに:普遍性と階層構造原子力発電設備でとられている保全の基本原理の中に「階層性」と「階層原理」を導入できないかという命題は検討に値する。階層原理とは、例えば原子力プラントが電力を生産するまでにたどるプロセスは、設計と建設と運転管理、の三つの部分からなり、それらが階層的な役割を果たしながら全体として電力の安定供給という機能を果たしている仕組みを言う。階層性が存在し階層原理が正常に機能すれば、設計、建設、運転管理の三つの行為が適切に機能し、その結果電力は正常に国民に供給される、という目標が達成される。......
論文
保全学の構築に向けて(2)- 保全理論について-
著者:
高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに原子力発電に関わらず、プラントの保全は設計・運転・管理に携わるエキスパートによってその内容が立案され実施されている。計画立案の際に最も有効な情報は実はエキスパートの業務経験に基づく知識であり、過去のトラブル等の運転実績である。特に原子力の場合、他の産業に比べて日が浅いことから、現場の人たちの試行錯誤によって保全計画の改善がなされてきた側面が強い。しかしながら、運転経験の蓄積にともない従来の経験に基づく保全から理論に基づいた保全へと移行する機運が高まってきた。保全の体系化とはこの一連の流れにおい......
論文
保全学の構築に向けて(3)- 実務からみた保全学のテーマ -
著者:
千種 直樹,Naoki CHIGUSA,宮 健三,Kenzo MIYA,青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE
発刊日:
公開日:
1.はじめにプラントシステムの保全計画は、体系化された学問に基づき立案・実施されるというよりも、現場で実務に携わる専門家の経験に基づき、多くの試行錯誤を経て段階的にその精度を高めていくという手法が、これまで一般的にとられてきている。これは、原子力発電プラントの保全計画についても同様であり、プラントの安全性・信頼性確保を目標に、運転経験と技術知見の蓄積を可能な限り保全計画に反映してきた結果として現在の完成度の高い保全計画が構築されているものの、まだまだ定量的な要素も少なく、そのため論理的な要素の導入にも限界......
論文
保全学の構築に向けて(4)-「保全工学」構築のアプローチ-
著者:
青木 孝行,Takayuki AOKI,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA,千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
1.はじめに保全は、機械、電気、制御などの機器から成る、いわゆる「機械系」とそれを保全する「人間系」から構成されている。これまでの保全はこの2つの要素が渾然一体となって取り扱われ、両者を明確に分離して分析評価する手法が十分には取られて来なかった。これには社会的状況や規制などの影響もあったと考えられるが、いずれにしても保全の体系化や保全学の構築など、学術的アプローチを積極的に進めようとする気運が希薄であった。しかしながら、近年、保全を学術として捉え、それを体系化することによって、合理的効率的に保全の最適解が......
論文
原子力発電所における保全計画の最適化検討
著者:
青木 孝行,Takayuki AOKI,児玉 典子,Noriko KODAMA,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
This paper proposes a quantitative evaluation method of maintenance plan for nuclear power plants, developed by introducing the scientific approach, and also proposes a method to search an optimum maintenance plan to be obtained by maximizing nuclear safety and economic efficiency simultaneously, then balancing them. As a result of consideration, the following results were obtained. (1) The quantitative evaluation methodology for optimizing maintenance plan for nuclear power plants was developed. (2) ...
英字タイトル:
Study of Optimization of Maintenance Plan for Nuclear Power Plants
論文
原子力発電所における定検工事実施計画の最適化検討
著者:
青木 孝行,Takayuki AOKI,児玉 典子,Noriko KODAMA,高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,宮 健三,Kenzo MIYA
発刊日:
公開日:
キーワードタグ:
This paper discusses maintenance optimization in maintenance implementation stage following maintenance planning stage in nuclear power plants and proposes a methodology to get an optimum maintenance work plan. As a result of consideration, the followings were obtained. (1) The quantitative evaluation methodology for optimizing maintenance work plan in nuclear power plants was developed. (2) Utilizing the above methodology, a simulation analysis of maintenance work planning for BWR's PLR and RHR syste...
英字タイトル:
Study on Optimization of Normal Plant Outage Work Plan for Nuclear Power Plants
解説記事
確率論を利用した原子炉設計に関する検討(原子炉配管へのLRFD法適用)
著者:
高瀬 健太郎,Kentaro TAKASE,凌 元錦,Yuanjin LING,肥田 隆彦,Takahiko HIDA
発刊日:
公開日:
1.背景 米国機械学会は、先駆的に原子力発電設備の維持規格制定に取組み、1971年に供用期間中検査を規定したASME Code Section XIを制定している。その後、ASME Code Section XIの1974年版では、検査で発見された欠陥の成長評価と機器の健全性に基づく欠陥評価基準が新たに導入された。この基準は、供用期間中に発見された欠陥については、製造時の許容基準を超えた場合についても健全性を損なわない範囲で許容し、欠陥が存在したまま継続運転可能とするものであり、1960年代に進展した破壊......