陽電子寿命法を用いたNi基合金残留応力緩和メカニズムの検討


英字タイトル:
Consideration on Mechanism of Residual Stress Relaxation Behavior of Ni-based Alloy Using Positron Annihilation Lifetime Spectroscopy 
著者:
于 麗娜,Lina YU 才田 一幸,Kazuyoshi SAIDA 荒木 秀樹,Hideki ARAKI 杉田 一樹,Kazuki SUGITA 水野 正隆,Masataka MIZUNO 西本 和俊,Kazutoshi NISHIMOTO 千種 直樹,Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
カテゴリ: 論文
キーワードタグ:

概要

原子力発電プラントの高経年化に伴い発生する経年劣化事象の一つである応力腐食割れ(Stress Corrosion Cracking: SCC)の防止対策として、溶接に伴って発生した引張残留応力を圧縮残留応力に変化させる応力改善が有効である。 本研究では、材料内部の格子欠陥の存在状態を定量的に、かつ、高感度に評価できる陽電子寿命法を採用することにより、応力改善工法の施工により導入された残留応力に密接に関連する格子欠陥や転位によるひずみの存在を調査した。


全文掲載のPDFファイルダウンロード

会員の方はログインしてください

ログイン 会員登録