EBSD解析によるNi基合金応力緩和過程の組織学的検討


英字タイトル:
Microstructural Investigation of Residual Stress Relaxation Process of Ni-based Alloy by EBSD Analysis
著者:
于 麗娜 Lina YU 才田 一幸 Kazuyoshi SAIDA 西本 和俊 Kazutoshi NISHIMOTO 千種 直樹 Naoki CHIGUSA
発刊日:
公開日:
カテゴリ: 論文
キーワードタグ:

概要

本研究では、PWRプラント運転を想定した熱時効初期の残留応力緩和メカニズム解明の一環として、LP、WJP、バフ研磨の三工法および機械加工を施した600合金について、熱時効時の組織変化を明確にすることを目的とした。各工法の施工材についてEBSD解析を行うことにより、応力緩和過程に関与すると考えられる組織学的因子の検討を実施した。


全文掲載のPDFファイルダウンロード

会員の方はログインしてください

ログイン 会員登録