「もんじゅ」点検期間長期化の要因分析及び 次世代高速炉の保全合理化案の提案 (2) ~低温停止期間における「もんじゅ」の保全計画分析~


英字タイトル:
Proposal of Maintenance Rationalization for Next-Generation Fast Reactors based on the Analysis of the Prolonged Maintenance of the Prototype Fast-Breeder Reactor in Japan, “Monju” (2) ~Analysis of Maintenance Plan of “Monju” in Reactor Cold Shutdown~
著者:
豊田 晃大 Kodai TOYOTA 橋立 竜太 Ryuta HASHIDATE 高橋 慧多 eita TAKAHASHI 矢田 浩基 Hiroki YADA 高屋 茂 Shigeru TAKAYA ?
発刊日:
公開日:
カテゴリ: 特集記事
キーワードタグ:

概要

次世代高速炉の合理的な設計や保全の最適化を実現するためには,もんじゅにおける点検長期化の要因を分析し,課題の整理と対策案を検討することが重要となる.本論文では,高速炉の稼働率向上を目的に,保全合理化検討のための概略的分析の結果を報告する. 具体的には,もんじゅの保全に関する全体傾向の把握及び保全合理化の余地が大きいと考えられる保全内容を抽出するため,もんじゅ保全計画に記載されている点検タスクの情報を分析した.また,得られた分析結果に対し,保全合理化の提案を行った.


全文掲載のPDFファイルダウンロード

会員の方はログインしてください

ログイン 会員登録