Cr含有率0.99mass%の低合金鋼を用いた気液二相流下での流れ加速型腐食試験


英字タイトル:
Flow-Accelerated Corrosion Test about the Low Alloy Steel with Chromium Content of 0.99 mass% under Water-Steam Two-Phase Flow 
著者:
佐竹  正哲  Masaaki  SATAKE  森田 良   Ryo  MORITA  藤原 和俊  Kazutoshi  FUJIWARA 
発刊日:
公開日:
カテゴリ: 論文

概要

Cr含有率については,その増加と共にFACが抑制されるという定性的な影響は知られており,単相流FACについてはその定量的な影響についても研究が進められている一方で,二相流FACに関しては定量的な影響は明らかでは無く,今後,二相流FACの減肉速度の予測評価を行う上では,Cr含有率と減肉速度の定量的な関係を明らかにする必要がある.二相流FACの減肉速度に与えるCr含有率の定量的な影響を明らかとすることを目的として,本速報ではFAC管理範囲から除外される高Cr含有率条件(1%程度以上)での気液二相流FAC試験を実施し,減肉速度の傾向について述べることとする.


全文掲載のPDFファイルダウンロード

会員の方はログインしてください

ログイン 会員登録